会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反発も様子見ムード
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発も様子見ムード
 

日経ジャスダック平均株価は反発した。終値は前日比7円89銭高い3940円60銭だった。
日経ジャスダック平均は続落してスタートしたが、直後に切り返してプラス圏に浮上、その後はもみ合いながらもじり高基調となった。今晩の米CPIの発表を前に、東京市場全体では様子見ムードが強く、ジャスダック市場も買い一巡後は上値の重い展開が続いた。
フェローテクやシキノHT、出前館が上昇した。半面、シンバイオやマクドナルド、大塚家具は下落した。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で667億円、売買高は7785万株だった。
値上がり銘柄数は283、値下がり銘柄数は314となった。
 
ジャスダック市場にきょう新規上場したテンダは13時9分に公開価格の2倍にあたる6500円で初値を付けた。終値は制限値幅の下限(ストップ安水準)である5500円だった。
 
個別では、エージーピーが一時ストップ高と値を飛ばした。美樹工業、太洋基礎工業、第一建設工業、B−R サーティワンアイスクリーム、ソフトフロントホールディングスなど19銘柄は年初来高値を更新。内外テック、ジェイエスエス、平山ホールディングス、エヌエフホールディングス、NFKホールディングスが買われた。
 
一方、テンダがストップ安。ユニリタ、エイジス、日本アンテナ、NFCホールディングス、マツモトは年初来安値を更新。山大、太洋工業、テーオーホールディングス、シンバイオ製薬、倉元製作所が売られた。

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv