会員情報作成
ログイン
ふるさと納税ご存知ですか!
「ふるさと納税」Q&Aについて その3


Q:をしない場合は、税の控除は受けられないのですか。
A:市区町村に申告することで、個人住民税の控除は受けることができます。
確定申告をしない場合でも、寄附をした翌年にお住まいの市区町村に簡易な申告書(給与所得者、年金受給者)を提出することにより、個人住民税の寄附金控除を受けることができます。
ただし、所得税がかかる方については、所得税の控除を受けることはできませんのでご注意ください

Q:税の控除を受けるには、どうすればいいのですか?
A:所得税は寄附をした年の分、個人住民税は翌年度分からそれぞれ軽減されることになります。
例えば、平成26年1月1日から平成26年12月31日までに寄附した場合、所得税は、平成26年分の所得税が軽減(給与所得者の場合は還付)されます。
また、個人住民税は、平成27年度分の本来納める税額から減額されます。

次回は3月27日(金)更新!!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv