会員情報作成
ログイン
2020年11月配信分 稼足銘柄
上昇パフォーマンス

過去の稼足銘柄のパフォーマンス一覧
01月26日配信 稼足銘柄
国内主要企業の決算発表が相次ぎ、さらに明日にかけて米連邦公開市場委員会(FOMC)があるため、総じて一進一退となりやすいところだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月19日配信 稼足銘柄
この先、注目イベントが多く、指数の乱高下はまだ続くだろう。14日の高値2万8979円を超えてくれば景色が変わってくるだけに、そういった動きが見られるか、また下に振れた場合には、きょう上回った5日線(2万8509円、19日時点)がサポートになるかを注目したい。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月12日配信 稼足銘柄
日経平均株価は、2万8000円を挟んでの底堅さが意識されるなか、海外勢による資金流入は継続しているとみておきたい。上値追いは慎重であるが押し目買い意欲は強そうである。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
【新春特別合併号】12月29日-01月05日配信 稼足銘柄
年末接近で主力投資家も動けず先物主導で振れやすくなっている。チャートの上では下放れという調整局面入りの形となっている。マザーズ、ジャスダックなど新興市場の下げも大きく、利益確定の資金を含めて他の銘柄にシフトしていない状況であり、クリスマスムードといったところであろう。個別銘柄対応では稼足銘柄にチャンス。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
×2
5,000円
×2
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月22日配信 稼足銘柄
全体的に上値は重くなっており、利益確定売りを出すならこのタイミングだろう。暫くは方向感に欠ける地合いが予想される。外出機会の減少が予想され「巣ごもり」関連銘柄に物色の矛先が向かう場面も想定される。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月15日配信 稼足銘柄
全体的に上値は重くなっており、利益確定売りを出すならこのタイミングだろう。暫くは方向感に欠ける地合いが予想される。外出機会の減少が予想され「巣ごもり」関連銘柄に物色の矛先が向かう場面も想定される。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月08日配信 稼足銘柄
メジャーSQを控えての需給要因で全体はこう着であり、方向感が掴みづらい。個人主体の中小型株やテーマ株への物色が続きそうである。日経平均は、余剰資金や買い遅れた向きの多さから下値は堅そうで、全体の上昇スピードは落ちても下値切り上げ的な強含みの動きは継続しよう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月01日配信 稼足銘柄
主力ハイテク株とマザーズ指数の方向性がそろってきたことで、米ナスダックが上昇すれば、歩調を合わせて買われることになりそうだ。全体としては下げづらい地合いが続くだろう。日経平均は、月初から好スタートを切った。一気に2万7000円台に乗せる展開に期待したい。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
11月24日配信 稼足銘柄
米国ではバイデン新体制構築に向けての準備が着々と進み、米国株もこれに対して好反応を示している。売りで入るにはリスクが高い状況下、日経平均はここから先の節目である2万6500円や2万7000円は、あっさり超えてきても驚きはないだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
11月17日配信 稼足銘柄
短期的にはいつ調整が入ってもおかしくはないが、反応を見る限りでは、2万6000円では天井感は強まっていないだろう。ただ、そろそろ弱材料にも敏感になってくると思われる。マザーズがもう一段売られて下げが加速した場合には、全体でも目先の利益確定を急ぐ動きが出てくるとみておいた方が良いだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
11月10日配信 稼足銘柄
今後はバリューシフトが継続するかを見極めつつ、グロース株の押し目を狙うスタンスになりそうである。中小型株については今週が決算ピークとなるため、決算通過後に改めて見直す流れといった展開になろう。日本株全体としては資金が逃げることなく、堅調な地合いが続くと予想する。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
11月03日配信 稼足銘柄
日経平均株価は、米大統領選後の動向次第の面はありそうだが、相対的に底堅さが意識されている。海外勢によるショートニーズは潜在的に意識されてくるだろう。こう着ながらも2万3000円レベルでの底堅さが意識されそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
2020年10月まで公開分

2019年公開分

2018年公開

2017年公開


戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv