会員情報作成
ログイン
2020年02月配信分 稼足銘柄
上昇パフォーマンス

過去の稼足銘柄のパフォーマンス一覧
03月31日配信 稼足銘柄
テレワークなどの材料株には、個人主体の資金が集中している。パニック的な動きも各国の大規模な経済政策によって落ち着きがみられてきており、一先ず、長期スタンスでの物色対象を探る動きも意識されてこよう
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月24日配信 稼足銘柄
24日の日経平均は1万8000円大台回復。日銀のETF買い増額で下値への警戒感が薄まっているようだ。目先売られ過ぎから買い戻しや押し目買いを誘発している。稼足銘柄にチャンス到来。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月17日配信 稼足銘柄
各国と比べ感染者の封じ込めている日本は、いち早く市場の落ち着きを期待したいところ。売り込まれている成長株へは、中長期スタンスでの資金流入も意識されてきている。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月10日配信 稼足銘柄
10日の高値は1万9970円までで、2万円には届かなかった。9日の高値2万0347円を早々に上回ることができるかが当面の注目点となるだろう。金融と財政の両輪が動き出すことが予想され、ここは買い向かって正解であると思う。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月03日配信 稼足銘柄
日経平均は再び2万1000円割れが意識されやすい水準である。引き続き楽観視は出来ないが、落ち着きをみせてくる流れに期待したいところ。テレワーク関連や巣ごもり消費関連に短期資金の流入に注目している。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月25日配信 稼足銘柄
25日移動平均線(2万3498円)と75日線(2万3511円)がデッドクロスしたことで、調整入りを示唆する声は多い。次の下値メドとして200日線(2万2195円)が意識されている。東証1部の騰落レシオは25日の大引け時点で68.8%と遂に70%を下回った。これは、2019年1月以来、極めてイレギュラーな状態。前回、陰の極となり同年2月初旬には133%まで急回復している。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月18日配信 稼足銘柄
新型肺炎の感染拡大が世界的に企業業績を下押しするとの懸念が浮上し、市場センチメントも大きく悪化している。ただ、2万3000円に近づくと押し目買いも入りやすいだろう。稼足銘柄で対応を。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月11日配信 稼足銘柄
25日線が位置する2万3600円処での下げ渋る動きとなった。この水準での底堅さが意識されてくるかが注目される。好業績銘柄など、個別に材料のある企業には投資マネーが集中している。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月04日配信 稼足銘柄
新型肺炎に関しては今後も被害拡大などの話が出てくれば株式市場を揺さぶるだろうが、クラッシュが避けられるのであれば、個別には見直し買いが入りやすいだろう。狙いは稼足銘柄だろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
2020年01月まで公開分

2019年公開分

2018年公開

2017年公開


戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv