会員情報作成
ログイン
2022年03月配信分 稼足銘柄
上昇パフォーマンス

過去の稼足銘柄のパフォーマンス一覧
05月24日配信 稼足銘柄
日経平均が目先2万7000円台に乗せたことでひとまず上げ一服の状態になっている。上値は重いが、下値も限定的で、どちらかに決め打ちできない状況であり、押し目買い、戻り売りの流れが当面続くと想定する。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
05月17日配信 稼足銘柄
新たな手掛かり材料が望まれる。注目されるのは、4月の小売売上高や鉱工業生産などの米国の経済指標だろう。米国のインフレ動向がピークアウトの兆しが出てくるのか確認したいと考える向きが多いだろう。目先は材料待ちながら、米金融市場の動きを睨みながらの展開が続きそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
05月10日配信 稼足銘柄
日経平均株価はひとまず26000円を維持して終了した。目先は米経済指標を受けた米国市場の動向や国内企業決算をにらみながら25500〜26500円のレンジ内での動きとなりそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月26日−05月03日合併号配信 稼足銘柄
決算に大型連休、FOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、積極的には動けない」との声は多い。また、中国では上海以外にも北京など他の主要都市でロックダウンの動きが広がるとの見方が強く、これが経済に与える影響が警戒されている。中期スタンスで株式市場に資金を寝かせるのは時期尚早、買いを考えるのなら短期のリバウンド狙いに徹するところであろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
×2
5,000円
×2
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月19日配信 稼足銘柄
全体相場は瀬踏みの状態で、日経平均は2歩進んで2歩下がるような相場が続いている。円安進行に伴い、輸出採算の改善期待から外需系に資金が流入する一方、原材料高とともに輸入コスト負担が増す内需系を敬遠する動きになっている、この流れが続くかは読みづらい展開。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月12日配信 稼足銘柄
12日の日経平均株価は2万6334円で、25日線(2万6855円、12日時点)を割り込んだ。ここであっさり2万6000円まで割り込んでしまうようだと、そのことが新たな売りを呼び込む要素となるだろう。全般的に弱気に傾き過ぎの感もあるだけに、反動高も期待できそうではあるが、そろそろ大きく上に跳ねる場面がないと、悪いムードを断ち切ることは難しいだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月05日配信 稼足銘柄
日経平均株価は方向感が出づらいと予想する。テクニカル的には上値200日移動平均線(2万8237円)に抑えられた格好で目先は日柄整理が必要な形となっている。足元では特に新興グロース株の値動きが良くなっている。売りの峠を越したとの見方が強まり、グロース株買いに一段と弾みがつく展開が期待できるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月29日配信 稼足銘柄
4月は新規マネーが流入するとの読みもあるが、日経平均2万8000円オーバーの水準では戻り売りが控え、売買が交錯するのではないか。あすは落ち分を即日で埋めることができるかが焦点となるが、それが実現した際には、以降は弱材料には耐性を示し、好材料には強く反応する地合いがしばらく続く可能性が高いだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月22日配信 稼足銘柄
日経平均は5日線(2万6362円、22日時点、以下同じ)が25日線(2万6263円)を上回り、ゴールデンクロスを形成した。上に控えた75日線(2万7480円)や次の節目である2万7500円を超えてくれば、売り方の手仕舞いも巻き込んだ踏み上げ的な上昇も期待できるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月15日配信 稼足銘柄
先週10日に972円高と大きく上昇した後は、5日線(2万5245円、15日時点)がサポートとして機能しているように映るだけに、これより上を維持できるかに注目しておきたい。年度末を意識した国内機関投資家の買い観測も指摘されており、下値では押し目買いが入りやすいとも言えそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月08日配信 稼足銘柄
原油高騰による世界景気の悪化懸念は根強く、原油相場にらみの動きが続きそうだ。2万5000円を割り込んだことで、「次の下値メドとして2万4500円がサポートになるかが問われる」との声が聞かれた。地政学リスクの長期化への警戒から積極的な買いは期待しにくい。個別銘柄対応では、稼足銘柄か。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月01日配信 稼足銘柄
日経平均株価は、大幅に3日続伸した反動や、日足チャート上では、25日移動平均線(1日時点で2万7026円)に抑えられ格好で、上ビゲも長いことから、上値の重さが意識されそう。また、世界中で注目を集める、ウクライナとロシアの代表団による停戦交渉の行方が不透明なこともあり、様子見姿勢が強まると考える。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月22日配信 稼足銘柄
21日の米国市場はプレジデントデーの祝日で休場となるだけに、積極的に売り買いをする向きは少ないだろう。地政学リスクへの懸念は根強いようで、目先は不安定な相場展開が続きそうだ。今期業績が好調かつ来期も成長トレンドが維持できそうな稼足銘柄を参考に。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月15日配信 稼足銘柄
手掛かり材料に乏しい状況が続こう。このため、投資家の関心はウクライナ情勢に関する最新のニュースフローと米金融当局による金融政策正常化に関する発言など外的要因に引き続き左右される展開が続きそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月08日配信 稼足銘柄
金利の上昇が強く意識される中、グロース株の戻りが甘い点がネック。米10年債利回りは足元1.9%近辺で高止まりしているが、いったんは2%台に乗せて、それで米株市場がどういった反応となるかを確認しないと、グロース株を積極的に買える環境にはならないかもしれない。市場では、「2万7000円以下はないとみられるが、当面は値固めで材料待ちといったところか」との声が聞かれた。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月01日配信 稼足銘柄
主要企業の決算発表が控えているだけに、業績動向を見極めたいほか、週末にかけては、米国で重要な経済指標の発表もあるため、当面は方向感の定まらない動きとなりそうだ。個別銘柄対応で。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月25日配信 稼足銘柄
25日は安値からは幾分戻して終えた。底割れしたとまでは言えない状況で、2万7000円割れでアク抜け感が出てくる展開に期待したい。今晩の米国株もFOMCの結果発表を前に不安定な地合いが想定される。再度の2万7000円割れは仕方ないとしても、今日の安値2万6890円を下回ることなく推移できるかがあすの注目点となるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月18日配信 稼足銘柄
米長期金利上昇や米株価指数先物安が今晩の米国市場にどの程度反映するか注目される。また、国内では18日の日銀金融政策決定会合を通過し、来週末から本格化する主要企業の21年4−12月期決算発表までは手掛かり材料に乏しく、積極的な売買は期待しにくいだろう。個別銘柄対応で。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月11日配信 稼足銘柄
新型コロナと米インフレ懸念を警戒する動きが続き、買い材料が米株高しかない状況では仕方ないものの、チャートの形では再び上値2万9000円がカベとなるボックス圏に戻ってしまった格好。国内に買い材料がないため外部環境に振り回される展開が続きそう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
2021年公開分

2020年公開分

2019年公開分

2018年公開

2017年公開


戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv