会員情報作成
ログイン
2019年04月配信分 稼足銘柄
上昇パフォーマンス

過去の稼足銘柄のパフォーマンス一覧
06月18日配信 稼足銘柄
FOMCを前に閑散が極まっているため、外部環境の悪化に敏感に反応してしまう。個別では売られすぎ感の強いものも多い。ただ、こういった動きが出てくると優良銘柄が買いづらくなるため、閑散ムードが一段と強まる懸念はある。中小型株の弱さも目立っているが、それでも物色としては個別に向かいやすいとみられる。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
06月11日配信 稼足銘柄
地合いは一段と改善傾向にある。買い材料に乏しい環境下ではあるが、それだけに過熱感が高まらず、上昇が続きそうな雰囲気になっている。参考になる仕込みチャンス銘柄満載だ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
06月04日配信 稼足銘柄
底堅さが意識されるものの、リバランスの商いが中心で様子見相場が続いているが、仕込みのチャンスでもある。狙いは、好材料、テーマ銘柄に注目だろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
05月28日配信 稼足銘柄
日経平均は先週2万1000円を割り込んだところから盛り返している。投資家心理にやや改善がみられるようだ。下げ相場でも逆行高をしている稼足銘柄に注目。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
05月21日配信 稼足銘柄
米中貿易摩擦激化は引き続き要警戒ではあるが、悪材料の織り込みが相当進んでいることがうかがえる。積極的な売買は期待しづらいものの、値動きの軽い中小型株に物色の矛先が向かいそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
05月14日配信 稼足銘柄
日経平均株価は直近7連敗で合計1240円の大幅下落となっており、売りもある程度出尽くしているとは思われる。2万1000円より上での値固めが進むかどうかが注目している。リバウンド狙いの買いが入りやすいだろう。銘柄選定は稼足銘柄しかない。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
05月07日配信 稼足銘柄
大型連休明けとなった東京株式市場では、大きく売り優勢に傾いた。一方、中小型株に再び資金流入しているようだ。新興市場も今週から決算発表が本格化し、値幅取りを狙った物色が活発化しそうだ。狙いは○○関連銘柄群。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月30日配信 稼足銘柄
連休後の一段高を期待する強気の見方が出始めているこの連休は、連休後の銘柄選択を検討される絶好の機会になると思います。有望株探しのヒントとなる稼足銘柄を参考に。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月23日配信 稼足銘柄
ゴールデンウィークの大型連休を前に様子見ムードが強くこう着感を強めているが、個別に材料のある銘柄に投資資金が集中している。妙味株満載の稼足銘柄に注目。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月16日配信 稼足銘柄
日経平均の上昇は一部の値がさ株の押し上げ効果によるところが大きい。こうしたなか、好決算銘柄や個別にリリースのあった銘柄を中心に個別物色される展開が続いている。個別銘柄の選定の参考に。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月09日配信 稼足銘柄
個別には、バイオ、次世代通信規格「5G」関連など、値動きの軽いテーマ株を物色する動きもみられ、個人投資家の物色意欲もなお強いだろう。銘柄選定には稼足銘柄を。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
04月02日配信 稼足銘柄
外部環境をにらみつつ売り物をこなしながら2万2000円に向けて戻りを試すとみている。新元号、働き方、教育ICTなどのテーマ株には短期資金が集中しそうだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月26日配信 稼足銘柄
急落した影響をあまり引きずらず、日経平均が予想外の急反発を演じ、日経平均は再び75日移動平均線(2万1023円)から反発し元のボックス圏へと回帰している。好業績銘柄や材料株などには引き続き個人投資家による短期資金が流入している。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月19日配信 稼足銘柄
祝日前かつ、休場の間に米国市場でFOMCの結果を消化するというスケジュールのため、売買自体が手控えられる可能性が高い。手がけづらい局面ではあるが、値動きの良い銘柄には押し目買いも入っている。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月12日配信 稼足銘柄
地合い好転を受け、日経平均は3月4日高値の2万1860円からその上を試しに行くと予想する。個人投資家のセンチメントも好転しており、ここからの銘柄選択は重要になるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
03月05日配信 稼足銘柄
手掛かり難のなかで目先的な高値警戒感から小口の売りが先行している。ただ、積極的に売り込む材料もないだけに下値は限定的。大きなトレンドが変わる要素は乏しいだけに、ここでの押し目は買い場とは考える。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月26日配信 稼足銘柄
材料性のある銘柄の一角には短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しており、地合い自体はそれ程悪化していないように考えている。ここからの投資対象として稼足銘柄を見直しておきたいところだ。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月19日配信 稼足銘柄
24カ月線(2万1446円、19日時点)が射程圏内に入ってきた。昨年後半にかけては厳しい下げに見舞われたが、月足の節目を抜ければ、それが新たな買いシグナルとなって上昇が続く展開も期待できる。そういった動きが見られるようなら、好調な稼足銘柄に注目が集まるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月12日配信 稼足銘柄
テクニカル的には、25日線まで調整を入れて切り返した格好となっており、緩やかな上昇トレンドは維持されている。個別を見ても、業績期待が高い割にさえない動きが続いていたが相場つきが変わったような印象も受ける。中小型株についても、幅広い銘柄が上昇している。狙いは稼足銘柄だろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
02月05日配信 稼足銘柄
決算発表が本格化する中で積極的には動けず、方向感も掴みづらいところであろう。また、個人投資家の売買は活発ではあるが、短期資金はほに集中した感がある。値動きがあり、流動性の高い銘柄に向かっているようだ。銘柄選択は稼足銘柄になるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月29日配信 稼足銘柄
全体としては底堅い地合いを予想している。29日の日経平均の下値は25日移動平均線(2万346円)近くで支えられており、ケイ線的にもやや売り込みにくい状況となっている。日経平均が2万1000円に迫るような展開も十分期待できるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月22日配信 稼足銘柄
足もとやや気迷いムードのみられる株式市場。短期資金中心で逃げ足は速いだろうが、中小型材料株優位の流れにあると考える。ここは「強い銘柄につく」という基本に立ち返って銘柄を選別したいところだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月15日配信 稼足銘柄
日経平均株価は、抵抗となりそうであった2万0500円をあっさり上回った。直ぐ上の25日線(2万0734円、15日時点)に向けて戻りの勢いを強めることができるかに注目している。投資の失敗を避けるためにも稼足銘柄をお勧めする。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月08日配信 稼足銘柄
2万円をキープしたことは、センチメントを明るくさせている。個人の物色意欲の強さは中小型株に表れておりバイオ関連株への旺盛な物色が継続。個人投資家のマインド改善につながっている。昨年末にかけて大きく調整していた銘柄への見直しへ向かわせよう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
01月01日配信 稼足銘柄
日経平均株価は、年間では12.1%安となり、11年以来7年ぶりの下落、アベノミクス相場では初の下落となった。下落幅は2750円17銭だった。稼足銘柄を参考にした方は、好パフォーマンスだったろう。新春特別号で勝ち運を。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月25日配信 稼足銘柄
トランプ大統領自身が招いた混乱でトランプショックと言ってもいいだろう。テクニカル的には日経平均はPERやPBR、騰落レシオ25日移動平均など、複数の株価指標はいずれも“極端に売られ過ぎ”のシグナルを発している。25日線とのカイリ率が-10%に達している目先は買い場となるだろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月18日配信 稼足銘柄
相場格言では「戌笑う」という2018年の相場も残りあとわずか。今のところ買いポジションを持っている方は焦れったい相場が続きます。最後に上昇し「笑う」となれる銘柄で勝負。それは、稼足銘柄では。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月11日配信 稼足銘柄
日経平均株価のPERが11倍台後半に低下するなど、極端な売られ過ぎとなっていることから、自律反発の動きが顕在化することになりそうだ。自律反発での銘柄選択は稼足銘柄。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
12月04日配信 稼足銘柄
相対的に中小型株の底堅さが意識されている。年末高を意識した個人主体による中小型株物色が中心になりやすい需給状況だろう。
>> 稼足銘柄とは
商品ラインナップ
5,000円
4,000円
3,000円
※超プレミアム版では、番組放送の銘柄と重複する場合もございます。ご了解のほどよろしくお願いいたします。
2018年11月公開分

2018年10月公開分

2018年09月公開分

2018年08月公開分

2018年07月公開分

2018年06月公開分

2018年05月公開分

2018年04月公開分

2018年03月公開分

2018年02月公開分

2018年01月公開分

2017年12月公開分

2017年11月公開分

2017年10月公開分


戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv