会員情報作成
ログイン
株ちゃんの明日読み
上値の重い展開か

上値の重い展開か
Market Data
--------------------------------------------
【日経平均】
41831円99銭(△251円82銭=0.61%)
--------------------------------------------
【TOPIX】
2909.20(△13.65=0.47%)
--------------------------------------------
【グロース250】
654.51(▲3.42=0.52%)
--------------------------------------------
【プライム売買高】18億9666万株(△1億8669万株)
--------------------------------------------
【売買代金】4兆7651億円(△2924億円)
--------------------------------------------
【値上がり銘柄数】638(前日:1098)
【値下がり銘柄数】931(前日:472)
【新高値銘柄数】66(前日:92)
【新安値銘柄数】31(前日:29)
【25日騰落レシオ】111.14(前日:107.88)
--------------------------------------------
 
■本日のポイント
 
 1.日経平均は続伸、売り物をこなし最高値圏走る展開に
 2.米ハイテク株高続く、ナスダック指数6連騰で最高値
 3.パウエルFRB議長の議会証言受け利下げ期待が膨らむ
 4.ETF分配金捻出に絡む売り圧力はあまり意識されず
 5.売買代金高水準も値下がり数が値上がり大きく上回る
 
 
米国では11日に6月の消費者物価指数(CPI)、12日に6月の生産者物価指数(PPI)が発表される。先週の6月の雇用統計は雇用の鈍化を示す内容であった。9日の上院議会証言でパウエルFRB議長は利下げの時期についての明言を避けたが、CPIやPPIが市場予想を下回った場合には、市場は9月FOMCでの利下げを完全に織り込むことになるだろう。その場合、米国主導での株高が期待できる。
 
また、11日の引け後にはファーストリテイリングが3Q決算の発表を予定している。きょうは日経平均のプラス寄与度トップとなっており、同社が決算で買われるようなら、指数にも好影響が見込まれる。あすは米CPIやファストリ決算を前に待ちの1日となるが、次の節目の4万2000円が射程圏内に入っている。流れが良い時には節目を難なく超えることで好循環が発生しやすくなるだけに、4万2000円台に乗せてリスクオンムードを高めることができるかに注目したい。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(10日現在)
 
43109.90  ボリンジャー:+3σ(26週)
42554.29  ボリンジャー:+3σ(25日)
42505.01  ボリンジャー:+3σ(13週)
 
41831.99  ★日経平均株価10日終値
 
41640.56  ボリンジャー:+2σ(26週)
41532.62  ボリンジャー:+2σ(25日)
41306.21  ボリンジャー:+2σ(13週)
41099.94  6日移動平均線
40673.39  均衡表転換線(日足)
40510.94  ボリンジャー:+1σ(25日)
40171.21  ボリンジャー:+1σ(26週)
40107.42  ボリンジャー:+1σ(13週)
39919.68  均衡表基準線(日足)
39753.08  均衡表転換線(週足)
39489.27  25日移動平均線
39054.30  75日移動平均線
38910.41  均衡表雲上限(日足)
38908.62  13週移動平均線
38701.87  26週移動平均線
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv