会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続伸、小幅な値動き
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続伸、小幅な値動き
 

 
日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比5円19銭高の3460円53銭だった。
注目されたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言で7月の利下げが示唆されたが、想定通りの結果となったことから、新規に手掛かり材料に乏しく、全般は模様眺めムードが広がり小幅な値動きにとどまっていた。
ジャスダック市場の売買代金は概算で442億円、売買高は9953万株だった。
値上がり銘柄数は342、値下がり銘柄数は250となった。
 
個別では、大成温調、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション、カルナバイオサイエンス、昭和システムエンジニアリング、オリコンなど15銘柄が年初来高値を更新した。SAMURAI&J PARTNERS、バッファロー、中央経済社ホールディングス、シライ電子工業、サンオータスが買われた。
 
一方、タカチホが年初来安値を更新した。ANAP、No.1、シーズメン、KeyHolder、シンクレイヤが売られた。
 
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv