会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反発、押し目買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発、押し目買い
 
日経ジャスダック平均株価は反発した。
終値は前日比17円40銭高い3294円85銭だった。10日の米株式相場の上昇を受けて投資家心理が改善。新興企業向け株式市場でも個人投資家がリスクを取りやすくなり、個別に材料の出た銘柄を中心に買いが優勢だった。
成長期待が高いバイオ関連株などに、個人投資家を中心にした押し目買いが先行した。
ジャスダック市場の売買代金は概算で412億円、売買高は6379万株だった。
値上がり銘柄数は393、値下がり銘柄数は234となった。
 
個別では、ディ・アイ・システム、エヌリンクスがストップ高。デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は一時ストップ高と値を飛ばした。エンチョーは昨年来高値を更新。テリロジー、アクサスホールディングス、スリー・ディー・マトリックス、ジェーソン、寺崎電気産業が買われた。
 
一方、セリア、清和中央ホールディングス、日本出版貿易、APAMANが昨年来安値を更新。プリントネット、アズ企画設計、フジタコーポレーション、セルシード、ユビキタス AIコーポレーションが売られた。

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv