会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続落、マザーズ市場のIPO銘柄に資金
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、マザーズ市場のIPO銘柄に資金
 

日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前日比10円18銭安い3986円55銭だった。ジャスダック平均は上昇してスタートするも急失速、朝方にマイナス圏に転落するとその後も下げ幅を拡げた。売り一巡後は買い戻す動きも見られたが、戻りは鈍かった。
新興市場ではマザーズ市場のIPO銘柄に注目が集まっていたため、ジャスダック市場は蚊帳の外状態だった。
フェローテクやシンバイオ、ハーモニックが下落した。半面、ウエストHDやフルヤ金属、アンビスHDは上昇した。
ジャスダック市場の売買代金は概算で543億円、売買高は6698万株だった。値上がり銘柄数は244、値下がり銘柄数は365となった。
 
個別では、ジェイテックがストップ安。マサル、クルーズ、滝沢ハム、出前館、イーサポートリンクなど35銘柄は年初来安値を更新。メディシノバ・インク、GFA、アクセスグループ・ホールディングス、シンバイオ製薬、シライ電子工業が売られた。
 
一方、澤田ホールディングス、サンウッドが年初来高値を更新。三ッ星、フォーサイド、応用技術、大井電気、CAPITAが買われた。
 
 
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv