会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は5日続伸、投資家心理が好転
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は5日続伸、投資家心理が好転
 
日経ジャスダック平均は5日続伸した。前日比15円33銭高い3343円73銭とおよそ3週間ぶり高値をつけた。
米中貿易摩擦懸念の後退を背景に前日の米国株が上昇し、日経平均も7連騰をするなど投資家心理が好転し、ジャスダック市場にも買いが波及した。
ワークマンやUTなど時価総額の大きい銘柄が買われ、好材料を発表した免疫生物研など医薬・バイオの上昇も目立った。
中国メディアが「中国政府は米中貿易摩擦激化に伴う緩和措置を公表する」などと伝えたことから、一段と米中問題解消の進展期待が高まり、個人投資家マインドの好転に寄与した。ただ、明日から始まる欧州中央銀行(ECB)理事会など主要国の金融政策イベントを控えるなか、積極的に上値を買い上がる雰囲気にはならず、総じて堅調に推移していた。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で372億円、売買高は5381万株だった。値上がり銘柄数は397、値下がり銘柄数は193となった。

個別では、ホリイフードサービスが一時ストップ高となった。ヴィレッジヴァンガードコーポレーション、ジーダット、こころネット、OSGコーポレーション、アストマックスは年初来高値を更新した。ネクストジェン、タカギセイコー、免疫生物研究所、ケイブ、日邦産業が買われた。
 
一方、ホリイフードサービス、ラクオリア創薬、エムティジェネックスが年初来安値を更新した。ハビックス、エムケイシステム、ディーエムソリューションズ、ラ・アトレ、スパンクリートコーポレーションが売られた。
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv