会員情報作成
ログイン
株ちゃんの明日読み
様子見ムードか

様子見ムードか
8日の日経平均は大幅反発。401高の2万2486円92銭で取引を終えた。
日経平均は予想通り2万2500円での攻防が続く格好となったが、セクターをみると石油などエネルギー関連の他は、ややディフェンシブ系の上昇が目立ち、輸送用機器や電気機器の伸びの鈍さが目立っている。
 
また、順調なリバウンドをみせているマザーズ指数が節目の1000ポイントに接近している。
サンバイオがけん引役となっているが、時価総額上昇によって指数インパクトも大きくなる中で、今後もファンドの資金流入が継続しやすいところ。
また、中小型株の主要処での好決算が出てくるようだと、支援材料になりやすいだろう。
日経平均は2万2500円処での攻防が続くとみられる中で、まずはマザーズ指数の1000ポイント回復でセンチメントを明るくさせたいところである。
 
9日の東京株式市場は、8日に大幅高を演じていることや週末要因などから、様子見ムードが広がりそう。
11月限のミニ先物オプションSQ(特別清算指数)値の算出に係る売買は「売り買いどちらにも傾いておらず、波乱なく通過しそう」との声が聞かれた。
 
日経平均は、25日移動平均線(2万2364円82銭=8日)を約1カ月ぶりに上回ってきたものの、買い手掛かり材料不足のなかでの戻り売り圧力で、しばらくは値固めの様相となりそうだ」との見方が出ていた。
 
米国では11月FOMCの結果が公表される。今回、議長会見はなく、政策変更もないだろうが、12月の利上げに関する手がかりが得られるか、またそれに対してマーケットがどのように反応するかが注目される。
米国の長期金利が落ち着いた状況で、ドル円の114円台乗せなどがあれば、日本株にとっては追い風となるだろう。
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(8日現在)
 
23538.01  ボリンジャー:+1σ(13週)
23233.49  ボリンジャー:+1σ(26週)
23149.70  均衡表雲下限(日足)
23109.36  ボリンジャー:+1σ(25日)
22773.43  13週移動平均線
22710.00  均衡表転換線(週足)
22710.00  均衡表基準線(週足)
22686.71  75日移動平均線
22638.24  26週移動平均線
22616.28  均衡表基準線(日足)
 
22486.92  ★日経平均株価8日終値
 
22382.04  200日移動平均線
22364.82  25日移動平均線
22091.80  6日移動平均線
22042.98  ボリンジャー:-1σ(26週)
22008.85  ボリンジャー:-1σ(13週)
21944.63  均衡表雲上限(週足)
21809.66  均衡表転換線(日足)
21684.43  均衡表雲下限(週足)
21620.29  ボリンジャー:-1σ(25日)
21447.73  ボリンジャー:-2σ(26週)
21244.27  ボリンジャー:-2σ(13週)
21149.80   新値三本足陰転値
 
25日線(2万2364円、11/8時点、以下同じ)や200日線(2万2382円)は上回り、テクニカル面での好転が見られた。高値は22583円まであったが、この上には26週線(2万2638円)、13週線(2万2773円)など抵抗がいくつかあり、いったん上値は抑えられやすいタイミング。
 
 
【東証主体別売買動向】
 
■10月第5週、外国人は現先合計4592億円と4週連続売り越し
 
東京証券取引所が8日発表した10月第5週(10月29〜11月2日)の投資部門別売買動向(東京・名古屋2市場、1、2部など)は、現物の海外投資家が262億3017万円と4週ぶりの買い越しとなった。前週は3174億3014万円の売り越しだった。
なお、先物ベース(日経225とTOPIXの先物・mini合計)で外国人は4854億円の売り越し。現物・先物の合計では4592億円と4週連続の売り越し(前週は1兆3007億円の売り越し)だった。
現物では、個人投資家は1662億9902万円と5週ぶりの売り越し。事業法人は446億1147万円と4週連続の買い越し。信託銀は1425億7901万円と3週連続の買い越しだった。
 
 
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv