会員情報作成
ログイン
NY株/欧州株概況
ダウ3日続落107ドル安、一時3万ドル割れ
【市況】ダウ3日続落107ドル安、一時3万ドル割れ


22日のNYダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比107ドル10セント(0.4%)安の3万0076ドル68セントで終えた。

米連邦準備理事会(FRB)や欧州の中央銀行が大幅な利上げを継続し、世界景気を冷やすとの懸念が広がった。景気敏感株や生活必需品以外の消費関連株の下げが目立った。米長期金利が大幅に上昇し、相対的に割高感が増した高PER(株価収益率)のハイテク株も売られた。

FRBは前日まで開いていた金融政策会合で、0.75%の大幅利上げを3会合連続で決定。会合参加者による政策金利見通しも上方修正した。パウエルFRB議長は「痛みのないインフレ対策があれば良いが、そうしたものはない」と述べ、急速な金融引き締めが景気悪化を招いたとしても、インフレ抑制を優先させる考えを改めて強調した。

22日は英国やスイスの中央銀行も利上げを発表。金融引き締めに伴う世界的な景気後退懸念が意識され、株価の重しとなった。

欧州の中銀の利上げも急ピッチだ。22日は英イングランド銀行が0.5%、スイス国立銀行が0.75%の利上げを決めた。9月8日には欧州中央銀行(ECB)も0.75%の利上げを決定しており、世界的に「利上げドミノ」が起きている。

高インフレと景気懸念が相まって、消費者が不要不急の消費を抑えるとの見方が広がった。空運やホテル、旅行予約サイトなど旅行レジャー株が軒並み大幅安となり、ダウ平均の構成銘柄ではクレジットカードのアメリカン・エキスプレス、娯楽・映画のウォルト・ディズニーの下げが目立った。

景気敏感の機械など資本財株も売られ、航空機のボーイングが大幅安。同じく景気敏感株に位置付けられるJPモルガン・チェースなど金融株も軒並み下げた。

FRBが再来年の24年も高い政策金利を維持するとの予想を反映し、22日の米債券市場では長期金利が大幅に上昇。一時は3.7%を超え、11年ぶりの高水準を記録した。長期金利が上昇すると売られやすいハイテク株の下げにつながった。ハイテク株の中でも景気の影響を比較的受けやすい半導体株への売りが目立ち、エヌビディアは5%安、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は7%安と大幅に下落した。

もっとも、ダウ平均は下げ渋る場面もあった。製薬を中心に業績が景気に左右されにくいデフェンシブ株が買われ、指数を下支えした。ダウ平均の構成銘柄では製薬のメルクが4%近く上げ、製薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソンも買われた。

ナスダック総合株価指数は3日続落した。前日比153.387ポイント(1.4%)安の1万1066.805で終えた。

 

【シカゴ日本株先物概況】


22日のシカゴ日経平均先物は続落した。12月物は前日比210円安の2万6800円で引けた。22日の米株式相場が下落し、日経平均先物にも売りが及んだ。
NYダウ平均は、米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げが景気後退を招くとの懸念が根強い中、3日続落した。

シカゴ日経225先物12月限 (円建て) 
26800 ( -230 )

シカゴ日経225先物12月限 (ドル建て) 
26815 ( -215 )
( )は大阪取引所終値比



【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数

22日のFTSE100種総合株価指数は反落した。前日に比べ78.12ポイント(1.08%)安の7159.52で引けた。英イングランド銀行が22日、政策金利を0.5%引き上げると発表した。金融引き締め継続が英経済を下押しするとの懸念が強まった。銀行株や消費関連株が売られた。
FTSEでは、指数構成銘柄の約8割が下落。小売り大手JDスポーツファッションが8.4%安と下落率が最も大きく、建機レンタルのアシュテッド・グループが7.3%安、資産運用会社インターメディエイト・キャピタル・グループが7.1%安で続いた。



■ドイツ・フランクフルト株価指数

22日のドイツ株価指数(DAX)は大幅に反落した。前日に比べ235.52ポイント(1.84%)安の1万2531.63で終えた。欧米の主要中央銀行の大幅利上げ継続を受けたドイツ国債利回りの上昇が重荷となった。
DAXでは、製薬会社サルトリアスが6.5%安、通販大手ザランドが6.4%安、スポーツ用品大手プーマが5.1%安と売られた。



■フランス・パリ株価指数

フランスCAC40種指数は1.87%安だった。
英イングランド銀行(中央銀行)が0.50%の利上げを決定。株式市場では、金利上昇に伴う景気悪化懸念から幅広い銘柄に売りが出た。


 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv