会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続落、約2カ月ぶりの安値
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、約2カ月ぶりの安値
 
日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前週末比21円37銭安い3357円79銭だった。6月7日以来、約2カ月ぶりの安値で取引を終えた。
国内が3連休の間に米株安と円高が進行し、本日、主要株が軒並み下落したことが重荷となった。また取引時間中は中国・上海株や香港株、韓国株などアジア市場が総じて安く、市場心理を悪化させた。その後は横ばい傾向が続き、そのまま大幅安とまではいかなかった。また、全面安商状のなかでも、後述する決算が好感されたハーモニックが大きく買われて、投資家心理の下支え役となった。
国内景気の先行きに対する慎重な見方も多く「好決算銘柄に対する買い意欲も高まらなかった」との声が聞かれた。
ジャスダック市場の売買代金は概算で319億円、売買高は5658万株だった。
値上がり銘柄数は194、値下がり銘柄数は401となった。
 
個別では、翻訳センターがストップ安となった。田中建設工業、アジアゲートホールディングス、クルーズ、セーラー広告、ジェイテックなど32銘柄は年初来安値を更新した。アクセスグループ・ホールディングス、岡藤ホールディングス、イボキン、レカム、ラ・アトレが売られた。
 
一方、ホーブ、マジェスティ ゴルフがストップ高となった。湖池屋、ヒビノ、エフティグループ、ULSグループ、エムケイシステムなど11銘柄は年初来高値を更新した。日本一ソフトウェア、ハーバー研究所、精工技研、応用技術、ハーモニック・ドライブ・システムズが買われた。
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv