会員情報作成
ログイン
東証スタンダード(大引け)
値下がり優勢、プライム市場に投資家の関心が集中
【市況】東証スタンダード市場(大引け)=値下がり優勢、プライム市場に投資家の関心が集中

 
東証プライム市場に投資家の関心が集中し、東証スタンダード市場への物色が広がらなかった。循環物色がプライム市場にとどまり、「スタンダード市場、新興は蚊帳の外」といった状況だ。スタンダードTOP20は上昇。出来高2億6777万株。
値上がり銘柄数498、値下がり銘柄数918と、値下がりが優勢だった。
 
個別では、アズジェント、京進、リベルタがストップ高。シー・ヴイ・エス・ベイエリアは一時ストップ高と値を飛ばした。田辺工業、日和産業、クックパッド、ヒューマンホールディングス、手間いらずなど37銘柄は年初来高値を更新。日本プロセス、タツミ、アスコット、アオイ電子、歯愛メディカルが買われた。
 
一方、ウエストホールディングス、大本組、エプコ、ギグワークス、YKTなど35銘柄が年初来安値を更新。中北製作所、木村工機、ERIホールディングス、クリエイト、ダントーホールディングスが売られた。
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv