会員情報作成
ログイン
注目トピックス
アザーズ市場展望
アザーズ市場展望
マザーズ指数が1200ポイント近辺で停滞している。目先は75日移動平均線に沿った値動きだが、物色動向は弱く先行きへの不安感が強く残る。
新興市場の主力銘柄群は、ウィズコロナ関連として人気を集めてきた経緯があるだけに、ワクチン開発の進ちょくを受けて逆回転が起きている。
テレワーク関連銘柄などは4−6月に比べて7−9月の業績に失速感、もっと言えば特需の一巡感が出ているものもある。説明できないほどの高い株価指標となっている銘柄が多いだけに、勢いがなくなると自重で下落してしまうようなパターンも出てきそうだ。
 
マザーズ市場上場銘柄などは継続的な資金が入りにくい。来週も同様の展開が続きそうで、新興市場は難易度の高い相場となりそうだ。

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv