会員情報作成
ログイン
為替市況コメント
米ドル円は一時111.905円まで上昇するも、その後反落。
【為替】米ドル円は一時111.905円まで上昇するも、その後反落。
[概況]

15日、東京外国為替市場の米ドル円は五・十日による実需の買いなどから一時111.905円まで上昇するもその後、日銀の金融政策決定会合の発表などを受け、111.480円まで反落した。同会合において、フォワードガイダンスの見直しなどの思惑が浮上していたが、結果は金融政策の現状維持や、フォワードガイダンスについては変更が無かった。
 
これらを受け、米ドル円は弱含む展開となった。現在、米ドル円は111.690円付近で推移している。テクニカル的には米ドル円は下値付近に5日移動平均線(111.425円)や20日移動平均線(111.236円)などが控えており下値サポートとして意識されそうか。


[提供:カネツFX証券株式会社]

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv