会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
売買代金今年最高
【市況】ジャスダック市場(大引け)=売買代金今年最高
 
日経ジャスダック平均株価は3営業日ぶりに反発した。
終値は前週末比26円26銭高の3395円79銭だった。主要企業の決算発表を受け、良好な業績や見通しを示した銘柄に個人投資家の買いが入った。
ジャスダック市場の売買代金は概算589億円で今年最高だった。
売買高は9687万株。
値上がり銘柄数は431、値下がり銘柄数は187となった。
 
個別では、テックファームホールディングス、東洋合成工業がストップ高。UTグループ、アイビー化粧品、日本アンテナ、Nutsは一時ストップ高と値を飛ばした。トシン・グループ、WDI、アトムリビンテック、オリコン、精工技研など8銘柄は昨年来高値を更新。santec、コックス、ハーモニック・ドライブ・システムズ、日本一ソフトウェア、レーサムが買われた。
 
一方、大井電気が一時ストップ安と急落した。シベール、ジェイホールディングス、イハラサイエンス、NKKスイッチズ、ツクイスタッフなど9銘柄は昨年来安値を更新。トレードワークス、システムズ・デザイン、CBグループマネジメント、ストリームメディアコーポレーション、カルナバイオサイエンスが売られた。

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv