会員情報作成
ログイン
東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日ぶり反発、時価総額上位銘柄買われる
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反発、時価総額上位銘柄買われる
東証マザーズ指数は前週末比8.37ポイント高の861.59ポイントと3日ぶり反発した。
東証1部の大幅な上昇を受けて、冷え込んでいた投資家心理が改善した。
オンコリスやアンジェス、そーせいといった医薬・バイオ関連のほか、UUUMやメルカリなど時価総額上位銘柄の一部が上昇した。
ただ、東証1部の日経平均株価に比べ、マザーズ指数の上昇率は限られた。大型株に投資家の目が奪われる形となり、市場関係者からは「商いの盛り上がりはいまひとつだった」との声が上がっていた。
 
値上がり銘柄数は173、値下がり銘柄数は89となった。
個別では、ソフトマックス、ディー・ディー・エス、シャノン、オンコリスバイオファーマがストップ高。日本スキー場開発は一時ストップ高と値を飛ばした。ネットイヤーグループ、CRI・ミドルウェア、はてな、旅工房など5銘柄は昨年来高値を更新。EduLab、アドバンスト・メディア、Jストリーム、イノベーション、トレンダーズが買われた。
 
一方、すららネット、メドレックス、Fringe81、MTGがストップ安。EduLab、アジャイルメディア・ネットワーク、コンヴァノ、ライトアップなど5銘柄は昨年来安値を更新。シルバーエッグ・テクノロジー、ジャパンインベストメントアドバイザー、アイ・ピー・エス、ZUU、エル・ティー・エスが売られた。
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv