会員情報作成
ログイン
注目トピックス
新興市場展望
新興市場展望

グロース株は逆風。マザーズ指数戻りもなく下値模索を続けている。
マザーズ指数は12日に620ポイントの安値を形成。4月5日に842ポイントの高値を形成して以降、ほぼ一本調子の下落となっている。
米国金利の上昇を背景に、世界の各グロース市場から資金が流出している。決算発表は13日がピーク。グロース株にとっては決算リスクの後退につながる。楽観的な相場環境ではないものの、打診的な買いが入りやすいタイミングにはなっていきそうだ。
 
期待先行で株価が形成されている銘柄が多いだけに、大幅な調整を経ても割安感が出にくく、中途半端な下値買いが繰り返されていることで、信用買い残の整理も手掛かりになるほど進んでいないのが実情。米ナスダック市場の下落トレンドが続いていることもあり、下値リスクはまだ大きいだろう。

 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv