会員情報作成
ログイン
東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は3日ぶり反落、利益確定の動き
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、利益確定の動き

東証マザーズ指数は前日比15.34ポイント安の841.69ポイントと3日ぶり反落。
前日の米国株式市場は、新型肺炎感染拡大の勢いが弱まりつつあるとの楽観ムードが後退したことで主要3指数は揃って反落。マザーズ市場にも朝方から売りが先行。週末要因から積極的な押し目買いもみられず、直近2日間で上昇していたことも相まって、利益確定の動きが終日優勢であった
売買代金は概算で859.62億円。騰落数は、値上がり66銘柄、値下がり238銘柄、変わらず8銘柄となった。
 
個別ではリネットジャパングループ、global bridge HOLDINGSがストップ安。トランスジェニック、オイシックス・ラ・大地、イントランス、FFRI、ビープラッツなど22銘柄は昨年来安値を更新。グッドスピード、JMC、スポーツフィールド、地盤ネットホールディングス、HPCシステムズが売られた。
 
一方、イグニス、バリューデザインがストップ高。スペースマーケットは一時ストップ高と値を飛ばした。Amazia、HENNGE、AI insideなど4銘柄は昨年来高値を更新。ジーニー、シルバーエッグ・テクノロジー、ウィルズ、サンワカンパニー、プレシジョン・システム・サイエンスが買われた。

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv