会員情報作成
ログイン
相場展望(寄り付き前)
上値が重い展開か
【オープニングコメント】
上値が重い展開か
15日の日経平均株価は、上値が重い展開か。
日経平均株価の予想レンジは、2万1000円-2万1400円。
為替が円安に振れている点は支えとはなるが、外部環境からは新たな買い材料には乏しい。前場は日銀金融政策決定会合の結果発表を前に動きづらい一方、後場は結果を受けて荒い動きが出てくる展開も想定される。
また、週末を控えたポジション調整の売りも警戒され、弱含みで推移する場面もありそう。
物色は、値動きの軽い中小型株に矛先が向かうとみられる。
 
為替相場は、ドル・円が1ドル=111円台の半ば(14日終値は111円59-60銭)、ユーロ・円が1ユーロ=126円台の前半(同126円36-40銭)と小動き。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、14日の大阪取引所終値比50円高の2万1170円だった。
 
 
【好材料銘柄】
 
■グッドコムアセット<3475>
自社マンションを活用した民泊事業を開始。
 
■ケイブ<3760>
吉成夏子・AKS代表取締役と岡本吉起・オカキチ代表取締役を引受先とする合計140万株の第三者割当増資を実施する。発行価格は734円で調達する約10億円はゲーム開発に充てる。
 
■バリューゴルフ<3931>
今期経常は65%増で2期ぶり最高益更新へ。
 
■プレミアグループ <7199>
楽天銀行、楽天信託とオートリース事業に関する資金調達スキームの運用を開始。
 
■岡藤ホールディングス<8705>
未定だった今期配当は2期ぶり3円で復配。
 
■スパークス・グループ<8739>
東証が22日付で東証1部に市場変更する。
 
■英和<9857>
今期経常を21%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も6円増額。
 
■銚子丸<3075>
6-2月期(3Q累計)経常が74%増益で着地・12-2月期も17%増益。
 
■ファーストロジック<6037>
上期経常が2.2倍増益で着地・11-1月期も69%増益。
 
【主な経済指標・スケジュール】
【国内】
15(金)
黒田日銀総裁会見
《決算発表》
プロレド、ベステラ、モロゾフ、カイカ、丸善CHI、ジェネパ、モルフォ、エニグモ、トリケミカル、サンバイオ、ACCESS、シーズHD、楽天地、アルデプロ、ギフト、OS映
 
【海外】
米3月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)
米2月鉱工業生産(22:15)
 

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv