会員情報作成
ログイン
東証グロース(大引け)
値上がり優勢、好材料銘柄への買い
【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、好材料銘柄への買い

 
東証グロース市場は、東証マザーズ指数、グロースCoreはともに反発。
東証マザーズ指数の終値は前営業日比16.63ポイント(2.13%)高い796.58となり、4月6日以来7カ月半ぶりの高値を付けた。23日の米株式相場の上昇を受けて投資家心理が強気に傾き、国内の新興銘柄には買いが集まった。好材料銘柄への買いも目立った。
 
23日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(1〜2日開催分)は、多くの参加者が利上げ減速を支持していることがわかった。市場では「米金利が急上昇するとの懸念が後退し、高PER(株価収益率)の新興銘柄には追い風」(国内証券)との指摘があった。
 
東証グロース市場では、小口決済導入サービスを開発支援したアイリッジが一時、制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われた。EDPも高い。一方、新株予約権を発行するカルナバイオは制限値幅の下限(ストップ安水準)で配分された。22日に上場したティムスも売られた。
値上がり銘柄数322、値下がり銘柄数143と、値上がりが優勢だった。
 
個別では、Chatworkがストップ高。アイリッジは一時ストップ高と値を飛ばした。霞ヶ関キャピタル、ディジタルメディアプロフェッショナル、アドバンスト・メディア、ボードルア、バルテスなど11銘柄は年初来高値を更新。キャンバス、マイクロアド、MRT、プレイド、HENNGEが買われた。
 
 一方、カルナバイオサイエンスがストップ安。ベースフード、THECOO、ファンペップ、ティムス、POPERなど9銘柄は年初来安値を更新。Waqoo、エフ・コード、シンメンテホールディングス、ジィ・シィ企画、東京通信が売られた。
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv