会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反発、主力株上昇で個人投資家の買い強まる
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発、主力株上昇で個人投資家の買い強まる
 
日経ジャスダック平均株価は前日比48円47銭高の3727円16銭と反発した。
前日に大幅下落したことで、自律反発を狙った買いが出やすい地合いだったという。
日経平均株価が上昇に転じたことで、個人投資家のリスクを取る姿勢が強まった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で784億円、売買高は1億6032万株。
値上がり銘柄数は486、値下がり銘柄数は163となった。 
 
個別では、テリロジー、ベクター、エムティジェネックス、愛光電気がストップ高となった。
ブロードバンドセキュリティ、ヤマザキは一時ストップ高と値を飛ばした。オプトエレクトロニクスなど2銘柄は年初来高値を更新した。
山陽百貨店、大村紙業、サカイホールディングスが買われた。

半面、第一建設工業、東北新社、極楽湯ホールディングス、プラネットなど43銘柄が年初来安値を更新した。 
マクドナルド、フィスコ、五洋インテックス、ODKソリューションズ、ケイブ、横浜丸魚が売られた。

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv