会員情報作成
ログイン
東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反落、売り優勢
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反落、売り優勢

東証マザーズ指数は反落し、前引けは14.82ポイント安い853.98だった。
NYダウは800ドル超下落するなど今年最大の下げを記録。また、欧州株も下落するなど、世界的な株安連鎖の流れが波及し、個人投資家のマインドに大きく影響しマザーズ市場も売り優勢の動きになっている。ただ、全面安商状が想定されるなか好決算を発表しているジーエヌアイやサイバダイン、カオナビは上昇した。
値上がり銘柄数は47、値下がり銘柄数は237となった。
 
個別では、日本ホスピスホールディングスが一時ストップ安と急落した。FRONTEO、メディネット、ユナイテッド、ベガコーポレーション、スタジオアタオなど42銘柄は年初来安値を更新。メドピア、アドベンチャー、ホットリンク、プレシジョン・システム・サイエンス、オークファンが売られた。
 
一方、グローバルウェイ、カオナビがストップ高。キャンディル、ラクス、イノベーションなど4銘柄は年初来高値を更新。インターネットインフィニティー、マーケットエンタープライズ、エードット、霞ヶ関キャピタル、ジーエヌアイグループは値上がり率上位に買われた。
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv