会員情報作成
ログイン
ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続落、リスク回避の売りが優勢
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、リスク回避の売りが優勢
 
日経ジャスダック平均株価は前日比39円61銭安の3555円18銭と3日続落した。
中国大手スマートフォンメーカーの幹部逮捕で米中の貿易摩擦が再び激化するとの懸念が強まり、リスク回避の売りが優勢になった。
市場では、「日経平均の 大幅安で投資家心理が冷え込んだ。IPOラッシュを控えた個人の換金売りも継続してい る」との事も聞こえた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で638億円、売買高は9601万株だった。
値上がり銘柄数は111、値下がり銘柄数は514となった。

個別では、夢の街創造委員会がストップ安。高橋カーテンウォール工業、シイエム・シイ、シベール、東北新社など57銘柄は年初来安値を更新した。 
セリアやハーモニック、ビーイング、アール・エス・シー、ジャストプランニング、メイコーが売られた。 

半面、秋川牧園、イメージ情報開発、前田製作所、ソフィアホールディングスがストップ高。
フジタコーポレーションは一時ストップ高と値を飛ばした。
ジェイテック、トシン・グループ、ホロンなど4銘柄は年初来高値を更新した。
タカギセイコー、前田製作、細谷火工、国際計測器、石垣食品が買われた。 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv