会員情報作成
ログイン
相場展望(寄り付き前)
方向感に欠ける展開か
【オープニングコメント】
方向感に欠ける展開か

14日の日経平均株価は、方向感に欠ける展開か。
日経平均株価予想レンジは、2万8000円−2万8300円を想定。
NYダウ平均がほぼ横ばいながら下落した一方、S&P500とナスダックは上昇。ダウ平均は0.53ドル安の34377.81ドルで取引を終えた。
きのう13日の日経平均株価は、一時心理的なフシ目の2万8000円を割り込んだものの、押し目を拾う動きから持ち直す格好となった。
ただ、米金利の低下で円安(ドル高)にも一服感が出ていることから、積極的に買っていくというよりは、売り材料が少なくなった分、下値が限られ、プラス圏では推移できるといった地合いとなるだろう。
為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の前半(13日は113円57−58銭)とやや円安方向に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=131円台の前半(同131円18−22銭)と小動き。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所清算値比55円高の2万8195円だった。
 
 
【好材料銘柄】
 
■JESCOホールディングス <1434>
今期経常は21%増で3期連続最高益、前期配当を2円増額・今期は1円増配へ。
 
■コシダカホールディングス <2157>
今期最終は黒字浮上、4円増配へ。
 
■ティーケーピー <3479>
上期経常が赤字縮小で着地・6-8月期は黒字浮上。
 
■アドテック プラズマ テクノロジー <6668>
今期経常は72%増で4期ぶり最高益、前期配当を2円増額・今期も12円継続へ。
 
■ユニデンホールディングス <6815>
今期配当を110円増額修正。
 
■キョウデン <6881>
今期経常を38%上方修正。
 
■アイドマ・ホールディングス <7373>
11月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。
 
■新光商事 <8141>
今期経常を63%上方修正、配当も12円増額。
 
■コメダホールディングス <3543>
上期税引き前が61%増益で着地・6-8月期も23%増益。
 
■アイフリークモバイル <3845>
UUUM <3990>子会社でNFTプラットフォーム事業を展開するFOROと戦略的業務提携。
 
■ROBOT PAYMENT <4374>
請求管理ロボの「定期請求システム」に関する特許を取得。
 
■ダイト <4577>
6-8月期(1Q)経常は23%増益で着地。
 
■トーセ <4728>
今期経常は72%増益へ。
 
■MORESCO <5018>
今期経常を29%上方修正。
 
■サイゼリヤ <7581>
今期営業は黒字浮上へ。
 
■スリー・ディー・マトリックス <7777>
吸収性局所止血材「ピュアスタット」の保険償還が承認。
 
■吉野家ホールディングス <9861>
今期経常を2倍上方修正。
 
 
【主な経済指標・スケジュール】
 
14(木)
【国内】
5年国債入札
衆議院解散
《決算発表》
ファーストリテイ、良品計画、久光薬、ディップ、USENNEXT、高島屋、松竹、いちご、クリレスHD、出前館、アークス、IDOM、SFoods、リンガハット、松屋、三栄建築、PRTIMES、バリュエンスH、古野電、SFP、東京個別、トランザクショ、キャンドゥ、トウキョベース、オキサイド、UUUM、MrMaxHD、モリト、ブックオフGH、明光ネット、佐鳥電機、ロコンド、オオバ、関通、シンメンテHD、農総研
 
【海外】
中国9月生産者物価指数(10:30)
中国9月消費者物価指数(10:30)
米9月生産者物価指数(21:30)
《米決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、USバンコープ、ユナイテッドヘルス・グループ
 
※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv