会員情報作成
ログイン
為替市況コメント
米消費者物価指数に注目。
【為替】米消費者物価指数に注目。
[概況]

11日の東京外国為替市場は、米ドル円が動意に欠ける展開で、高値108.465円から安値108.225円という狭いレンジの取引だった。昨日はNY時間にパウエルFRB議長の発言や米中の通商協議の進展期待で、108円台半ばまで上昇していた。しかし、本日は材料に乏しかったため、その流れは続かなかったようだ。
 
この後は、12月米消費者物価指数が注目される。今回注目されるのは、その結果次第で米利上げ観測が、物価と雇用の両方によって加速するかもしれないからだ。直近の米雇用統計の雇用者数の大幅な改善は、記憶に新しいところである。
仮に今回の指標結果が予想を上回れば、上記の理由により米ドル円が上昇する可能性が高い。上値の目処としては、109.00円近辺を予想する。


[提供:カネツFX証券株式会社]

 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv