会員情報作成
ログイン
株ちゃんの明日読み
もみ合い展開か。

もみ合い展開か。
22日の日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、3万156円(前週末比138円高)引け。朝方は、前週末の欧米株高を受け、買いが先行した。前週末までの3営業日続落(合計約450円安)の反動や、時間外取引の米株価指数先物高も支えとなり、上げ幅は一時440円に達した。ただ、一巡後は利益確定売りに伸び悩んだ。
 
先週末の19日が終値でなんとか3万円を上回ったという動きであっただけに、きょう節目を割り込むようだと調整色が強まる展開も想定された。
 
しかし、安値は3万089円までで、上値は重かったものの3万円台での値固めが進んだ。明日は休場で、水曜の24日には米国の2日分の値動きを消化する。23日〜24日にパウエルFRB議長の上下院での議会証言が予定されており、この近辺では米国株の動きが不安定となる可能性があるだろう。
 
祝日(天皇誕生日)明け24日の東京株式市場は、もみ合い展開か。
米追加経済対策が今週中にも進展する可能性が指摘され、新型コロナワクチン接種による景気回復期待とともに、先高観は根強い。一方、米長期金利の上昇に対する警戒感もくすぶっており、同金利動向を注視する必要がある。現地23−24日にパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が米上下両院で議会証言を行い、金利上昇を抑制する発言をするとの観測もあるが、一段の金利高を予想する向きもある。これにより、株式から債券への資金シフトが進めば、地合い軟化につながるケースも想定される。市場では、「上がれば利益確定売りが出て、下がれば押し目買いが入る構図は変わらない」との声が聞かれた。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(22日現在)
 
31779.63  ボリンジャー:+3σ(13週)
31415.29  ボリンジャー:+3σ(25日)
30818.87  ボリンジャー:+2σ(26週)
30624.91  ボリンジャー:+2σ(25日)
30563.19  ボリンジャー:+2σ(13週)
30209.02  6日移動平均線
 
30156.03  ★日経平均株価22日終値
 
30032.50  均衡表転換線(日足)
29834.54  ボリンジャー:+1σ(25日)
29505.93   新値三本足陰転値
29346.76  ボリンジャー:+1σ(13週)
29172.16  均衡表基準線(日足)
29044.17  25日移動平均線
28689.56  均衡表転換線(週足)
28434.59  ボリンジャー:+1σ(26週)
28253.79  ボリンジャー:-1σ(25日)
28130.32  13週移動平均線
27822.08  均衡表雲上限(日足)
27463.42  ボリンジャー:-2σ(25日)
27311.49  75日移動平均線
26913.89  ボリンジャー:-1σ(13週)
26796.62  均衡表基準線(週足)
26673.05  ボリンジャー:-3σ(25日)
26050.31  26週移動平均線
 
 
5日線やその下を走る25日線、一目均衡表の転換線はいずれも上向きをキープしており、大勢では上昇トレンド継続中のもよう。
ただ、終値は先週末に続いて5日線を下回ったほか、ローソク足は胴体部分の短い陰線を引き、足元の相場では強弱感の対立が窺える。一目均衡表の基準線が16日を起点に横ばいで推移しており、16日高値3万0714.52円をレンジ上限とするボックス相場入りの可能性が意識されよう。
 
 
 

戻る
 
サイトTOPへ

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。

(C)ilogos / Eimei.tv